人気ブログランキング |

+plus


いつもの自分、いつもの時間、いつもの生活に…ちっちゃい+plus
by abebe703
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:trip( 28 )

ワンデイトリップ2

c0148270_19235346.jpgc0148270_1924837.jpgc0148270_19243379.jpg








次はランチタイム。
福岡県浮羽市(うきはし)『cafe たねのとなり』
ここは、広い敷地の中に、cafe、ギャラリー、和菓子処、きものやさん…
と、見どころ満載。


c0148270_19294479.jpgまずは腹ごしらえ。
人気のお店の為、
ランチの予約はできないそうなので、
少し早めのお昼を。
たくさんの人で賑わっておりました。


この日の福岡は20度越えの暖かい日。
ということでお外の席をチョイスしてみました♪
お野菜メインのおいしいランチを頂きながら、ほっこり気分。
春めいた天気に…おいしい食事に…とっても幸せ~な気分の女子3人。

この3人の組み合わせは、とっても居心地が良いのデアリマス(*^^*)

by abebe703 | 2008-03-14 19:37 | trip

ワンデイトリップ

c0148270_1859275.jpgc0148270_1859175.jpg






c0148270_18592764.jpg3月13日木曜日。
快晴。
この日のお仕事は
振替のお休み。





福岡県朝倉市にお住まいのMさんにご招待され、
Hさんと二人、1日たっぷり素敵なところを案内してもらいました。
その素敵な旅を数回にわたってご紹介しますね♪
まずは『紅乙女酒造』の山の貯蔵庫へ…。
ここは胡麻焼酎で有名なんだそうです。胡麻の焼酎なんて、
私は初めて聞きました。
めずらしいですよね!貴重ですよね!
平日なので、すべては見学できなかったのですが、写真左の建物は
安土桃山時代の建物だとか…。カヤブキ屋根が「日本昔ばなし」の世界です。
中は土間やかまどがあって、TVや映画でみる時代劇の生活風景のようです。
本当にこういう生活をしていたんだなぁ、昔の人は…という感じ。
北海道生まれの私にはかなりめずらしい建物であります。
そして別棟の貯蔵庫の奥にはバラのステンドグラス…紅乙女さんなので
バラ…なのでしょうね。こちらも有名らしいです。
興味を持たれた方は、是非土日のお休みに案内をしてもらいながら
見学されると良いと思います♪試飲コーナーもありましたよ。

by abebe703 | 2008-03-14 19:18 | trip

飛龍窯(ひりゅうがま)

c0148270_12341469.jpgc0148270_1234347.jpg






先週の土曜日(2月23日)、ドライブデートをしました。まずは、大分県の大山。
梅の名所らしいです。
お友達のMさんに教えていただいたので詳しく調べもしないでいきなりGO!


そうしたら…まだ0.5分咲き(旦那サマの感覚の数字)でした(笑)
山と麓では気温差があるから、山ではもう少し先なんですね、咲くのが。
でも、おいしい梅干を買えたし、お天気もよくて気持ちよかったのでHappyでした。
夜は佐賀県武雄市の『飛龍窯』を見に行こうと、
旦那サマが新聞の記事をみて提案してくれました。
『第11回TAKEO・世界一飛龍窯祭り』というイベントが2/22~24に
開催されていたんです。
前面改修を終えて二年ぶりに火入れされた飛龍窯。
地元の小学生らが制作し、この飛龍窯で焼き上げられた
高さ30センチ前後の灯籠が20日に窯だしされ、
夜間点灯(午後6時~同9時)が21日夜から23日夜まで
行われていたのです。

夜の写真はなかなかうまく撮れない…新聞の記事ほど素敵に幻想的には
撮れなかったけれど、陶器製の灯籠に灯された明かりは素晴らしかったです。

武雄のやきものは、約400年前の文禄・慶長の役の折に
同行した陶工の手で開かれた窯で焼かれたのが起源とされます。
その特徴は素朴で大胆な色彩、繊細で重厚な風合いを見せ、
大らかでゆったりとした温かみが身上です。
現在も多くの陶芸家が窯を開き、絵唐津、
朝鮮唐津、刷毛目、叩きなどの多彩な技法で
窯元ごとの特徴と魅力を打ち出しています。

飛龍釜(竹古場キルンの森公園)
飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄のやきもの発祥の地である
武雄市武内町黒牟田地区の竹古場キルンの森公園内にあります。
昭和20年代はじめまで使われていた登り窯を参考に建設され、
全長23m、一度に12万個の湯飲みを焼成することができる巨大な登り窯です。
同公園内には、電気ロクロ、電気窯、ガス窯ほかを備えた工房があり、
誰でも自由に利用でき、ろくろや楽焼の体験ができます。
また、工房内の展示室には飛龍窯で焼成した作品や古窯跡から出土した陶片が
展示されています。
とHPに記載されていました。

九州に来て、たくさんの歴史のあるものを見ることが出来て、
とっても幸せだなぁ…と思う今日この頃なのです。

by abebe703 | 2008-02-29 13:02 | trip

『百年庵』

c0148270_2052274.jpgc0148270_20524363.jpg巨木に癒された後は、
『百年庵』というお店で食事。
ここのとなりにある麺の販売店で
何度か購入していたので
おいしいことは知っていました。




でも折角だから一度は
おとなりのお食事処で食べてみようと思っていたのです。

中に入って…サプライズ!川べりに建っているこのお店は
窓の外から川が見えるのです。

よくよく考えれば想像できるのでしょうけれど、この景色を見ながら食べるのは
なかなかの醍醐味です。
夏に川のせせらぎを聴きながらそうめんを食べる…想像するだけで素敵だ!
もちろん、冬もなかなか“おつ”でした。
さて、そろそろ帰路につきましょー。
帰りは高速を使わずに山道を走りながら…とってもとっても充実した
お休みだったなぁ…と助手席でご満悦な私なのでした(笑)
ありがとう、旦那サマ(ハート)

by abebe703 | 2008-02-12 21:03 | trip

神聖なる…

c0148270_20363823.jpg『吉野ヶ里歴史公園』のあとは食事をしに…とその前に、
『仁比山神社』にお参りに行きました。
彼(旦那サマ)が、折角吉野ヶ里へ行くなら
その近辺もまわろうと、調べてくれたようです。
大きな木があるらしいよ、と。
お参りした後に、その木を二人で探しました。
樹齢800年以上、樹高34.5m、根廻り7.2mの巨木。
佐賀県神埼町の天然記念物のクスノキだそうです。


「いつか屋久島に行きたい」願望のある私達二人なので、
「屋久島にはまだ連れて行ってあげられないけど…」と、
代わりにここに連れてきてくれたみたいです。
その気持ちがちょっと嬉しかったりして(*^^*)
この木は、すごく大きくて格好よくて神聖な雰囲気が漂っています。
この木に頬をつけてみましたが、何だか心が落ち着いて癒される感覚…。
不思議な気分でした。

by abebe703 | 2008-02-12 20:50 | trip

『吉野ヶ里歴史公園』

c0148270_2018373.jpgc0148270_20183933.jpg






c0148270_20195659.jpg三連休最後の昨日は、近場探索のつづき。
『吉野ヶ里歴史公園』へ行ってきました。
遺跡なんて北海道ではみられません。貴重な体験です。
案内地図をみると想像以上に…ひ、広い…。
まずは体験コーナーへ。
火おこし体験をしてみました。
二人で交代で約1時間頑張りましたが炎はあがらず…。
筋肉痛になりながら頑張りましたがあきらめ、さて散策!

なんだか散歩みたいで楽しいです。
一番歴史を実感したのは、2月1日から公開している“北墳丘墓”の施設。
なかなか見ごたえがあります。
決して歴史好きな訳じゃぁないんですが、教科書に載っていたような歴史が
生で見れるってちょっとした感動です。だからかなぁ…お城を見るのも好きなのは。
金沢に住んでいた頃に、
突然“前方後円墳”を見てみたい!と友達と奈良までドライブして
探しに行ったことがあります。
けれど、空からみないと“前方後円墳”の全貌は見れるわけがないんですよね…。
そばまで行っても、ただの山でした(笑)
ちょっと話がそれましたが、歴史を感じる体験を満喫しました!

by abebe703 | 2008-02-12 20:33 | trip

日帰り温泉 

c0148270_20143438.jpg三連休です。
…といってもお休みじゃない方も
たくさんいらっしゃるかと思いますが。
ウチは旦那サマが初日はお仕事だったこともあり、
ぎりぎりまで予定も組めず…そんな状態で急に
どこかに泊まれるようなところもありません(vv;)

じゃあ、近場でいいところを探そう!ということになりました。

でも最高にいいところを見つけました!それが…
「那珂川 清滝」という日帰り温泉。“ゆったりのんびり一日湯治”です。
場所は博多駅から車で40~50分といったところでしょうか…。
大型温泉で、こんなにお洒落なところがあるんだ…と行ってみてびっくり。
期待以上でした!
大自然の中の粋な和風空間です。
お昼過ぎにでかけてゆっくり温泉につかり、私はボディマッサージ(整体)を
うけ(その間旦那サマは休憩所で読書してました)、極楽極楽…♪
ゴリゴリに凝っていた体がほぐれました。
旦那サマが居たスペースは…たたみに縁側つき休憩所が2箇所あり、
縁側では足湯につかれます。
みんな、雑魚寝したり雑談したりTVみたりのんびり過ごしています。
そしてお食事処もあり、そちらで食事をしてほのぼのした気分で帰ってきました。
泊まってないけど、一泊したみたいにくつろいだねぇ…と二人で大満足です♪

素敵だったので是非とも写真を撮りたかったのですが、
さすがに温泉で写真はどうかと思い、食事のときにだけ、パチリ。
是非ホームページで中の様子をご覧ください。

by abebe703 | 2008-02-10 20:37 | trip

伊万里

c0148270_22243580.jpgc0148270_2225186.jpg






日帰りの旅。今日はあてもなくドライブ。
雨降りなのに(笑)
伊万里へ行ってきました。
着いた頃にはピーカン♪
のどかな町並みと綺麗な空気。
のんびりできました。
でも、寒かった~(@。@)

ウチの旦那サマは、こういうのどかなところが大好きで、かなり気に入っていました。
焼き物もたくさん見ました。私個人としては、伝統的な柄よりはシンプルな方が
好きで…。無地のものや、ちょっと変わったデザインのものに惹かれました。
片岡鶴太郎さんの作品がおいてあるお店もありました。
鶴太郎さんの作品も素敵でした。
グッドデザインを受賞して40年になるという“三島”という作品もとっても気に入り、
買おうかどうか少し悩みましたが(悩んでも一番小さいお皿でしたが)、
手持ちのお金が少なく…結局ウィンドウショッピングです(vv;)
でも、良いものをたくさん見るだけでも心豊かになる気がします(^^)

by abebe703 | 2008-02-03 22:34 | trip
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
mikaへ コメントあ..
by abebe703 at 07:44
なおちゃんの辛く悲しい想..
by mika at 23:12
hi-chan15サマ ..
by abebe703 at 10:22
頼もしい友人をたくさん持..
by hi-chan15 at 14:48
mameちゃんへ メッ..
by abebe703 at 09:06
驚きました。辛いです。 ..
by mamesyokudou at 17:43
++LINK++
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧