人気ブログランキング |

+plus


いつもの自分、いつもの時間、いつもの生活に…ちっちゃい+plus
by abebe703
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

100万人のキャンドルナイト

c0148270_1052832.jpgあさっての12月22日は、
〝100万人のキャンドルナイト〟の日です。

冬至の22日の夜20時~22時の間、
みんなでいっせいにでんきを消し
ろうそくを灯しスローな夜を過ごしましょう!
という呼びかけです。


2003年の夏至から始まった〝100万人のキャンドルナイト〟は、
日本全国でも広がり、世界にも広がりつつあります。
企業、自治体、個人が参加している一大エコ・イベントなのです。

以下はホームページから一部抜粋
「100万人のキャンドルナイト」は、無理して電気を消したり、大声をあげて
反対を叫ぶ運動ではありません。
みんなが電気を消すことが、地球温暖化の防止になるということが
一番大切な目的でもないのです。
テレビや部屋の照明は落としても、ラジオは聴いていたいし、
携帯電話で話したい、そういう普段の暮らしの事情をやめてまで、
ろうそくの灯りで過ごしても、無理をすることの先に
あたたかい未来があるとは思えないのです。

普段の暮らしをしながらも、過剰な電飾の明かりにまみれた日常から
少しだけ、自然の光だけで「過ごしてみる」。
1年のうちたった2時間、好きなろうそくの灯りをともしてみる。
この時間をどういう風に過ごすのかも、みなさんのアイディア次第です。
恋人と2人きりの時間。久しぶりの友達と会ってお酒を飲みながら語る時間。
音楽を聴きながら1人きりで過ごす時間。
そうして1人1人が過ごす時間の先の未来にわたしたちが描いているのは、
自然であたたかい平和な地球の姿です。

100万人のキャンドルナイト実行委員会、5人の呼びかけ人、パートナーの
環境省は、最初のいいだしっぺにすぎません。

みなさん一人一人が主催者です。
相反する考え方の趣旨を持っていてもかまわないのです。
普段から大量の電気をつかっているから参加できない、なんてことはないのです。
そんなゆるやかな繋がりがつくる時間を私たちは「からっぽの時間」と
呼んでいます。


地球温暖化など、地球の危機に直面している私たち。
日常生活では、そこまで深刻に感じられないけれど、きっと〝あれ?〟と思う
変化は感じているはず。
地球を変えたのは私たち人間。
これから地球を変えていく事ができるのも私たち人間。
個人の力で大げさなことはできませんが、身の回りの小さなことから
始める事はそう難しい事ではありません。
この小さな変化が世界中に広がれば、それはとてつもなく大きな力になるのです。

まずはあさっての22日、ろうそくを灯してスローな夜を過ごしてみませんか?

by abebe703 | 2007-12-20 11:16 | event
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
mikaへ コメントあ..
by abebe703 at 07:44
なおちゃんの辛く悲しい想..
by mika at 23:12
hi-chan15サマ ..
by abebe703 at 10:22
頼もしい友人をたくさん持..
by hi-chan15 at 14:48
mameちゃんへ メッ..
by abebe703 at 09:06
驚きました。辛いです。 ..
by mamesyokudou at 17:43
++LINK++
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧